ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

誤解を防ぐために書いておきますが、きのうの記事はシュタイナー教育賞賛の記事では、ありません!!

どんな教育法にも一長一短があり、どれがいいと一概にいえるものではない……

本当にそう思っています。

シュタイナー教育という「教育法」があるのか??

といわれれば、ひとりひとりの教師によってやっていることは異なるし、まとめられるものでもない……というのが現実だと思います。

それはシュタイナーに限らず「○○教育」と名のつくものすべてにいえることでしょう。

私が言いたかったこと、それはどんな教育法であろうとも、親の育て方であろうとも、それが子供に及ぼす影響というものは十年、二十年、三十年、つまり一生かかってみなければわからないということだと思います。。

ようするに、親は見届けることはできないんですね。

とすれば、そのとき自分がよいと思ったことを、精一杯するしかない……

そういうことなんでしょう。

David Whyte がいっています。

「私がまだ見ていないもの、見逃したものを、私は贈り物として遺していく。」




それはそうと!!

またタミさんがやってくれます。

Sounds True がアジャさんの特別トークを毎週!!

配信してくれるのですよ。

もちろん申込みました。どんな話かな。楽しみです♪

6月7日スタートです。




[PR]
by suna-tuki-mori | 2016-05-29 14:12 | 子育て
はるか昔に シュタイナー教育とテレビ という記事を書きました。
続きを書きますといったきり、なんと7年たってしまいました。
当時中学生、テレビ中毒だったムスメは今は若者のご多分に漏れずスマホ中毒、動画中毒になっておりますが、手放せないというほどではなく。
朝でかけてから帰ってくるまで、一度も充電しなくても大丈夫、という程度の中毒です。

それはともかく、あの後、離婚したのは私がシュタイナー教育にはまったことにも原因がある、という記事を実は書いたのですが、結局アップせずに終わりました。
最近面白いことがありました。
ムスメがひさびさに彼女のお父さんと食事をした席で、シュタイナーの話が出たそうです。
お父さんは「昔はシュタイナー教育とかぜんぜん、わからなかったし、そういう幼稚園に行かせてることもいやだった。でも今になって、Y(ムスメの名)が大人になってみると、あの教育は正しかったんだとわかった」と言ったそうです。
いろいろと自分なりの理論をつけて、なぜそう思うに至ったのかをムスメに力説したらしいですが、また聞きでは、よくわかりませんでした。。
しかし、彼女のお父さんに私の選んだ道がまちがっていなかったと認めてもらえたことは、たとえ何年後であろうとも嬉しかったです。

こんなことがあるんですね。



[PR]
by suna-tuki-mori | 2016-05-27 18:40 | 子育て