「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティとエックハルト・トール

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti とETTVの和訳を中心に~

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本当のことを言いましょうか?
たとえ私が本屋さんに言って「パワー・オブ・ナウ」(エックハルト・トールの著書)を買ったとしても、エゴは今ここにいたいなんて、少しものぞんでいません。
エゴが瞑想をするのは、いまここから逃げ出したいからです。
それこそが真実ではありませんか?
もしあなたが本当にここにいたいなら、もうすでにここにいるじゃありませんか。
それなのに、今以上にもっと今ここにいようとすることは愚かな試みです。

あなたの問題はなんでしょう?
本当の問題は、あなたが今ここにいられないということではありません。
それは、あなたが、今ここから逃げ出せないということです。それこそがあなたにとっては深刻な問題なのです。
あなたは決して、逃げ出すことはできません。これからも。
あなたは、今ここに手かせ足かせをかけられ、鎖でつながれているのです。

(アジャシャンティはこのくだりで、エックハルトを批判しているのではありません。それは後のほうを聞くとわかるのですが、エックハルトの「注意を払う」という言葉は非常に表面的に理解されているということを言っています)


アジャシャンティ The Formless Fabric of Reality より
[PR]
by suna-tuki-mori | 2015-01-27 20:59 | アジャシャンティ
心臓の手術をすすめられているが、受けるにしても受けないにしてもリスクがあり、決めかねている、という女性に対しての、アジャさんの答え。

私がすでに知っていることは何か? と問いましょう。
What do I already know?

頭で答えを出そうとしてはいけません。
ただ問うのです。
すると驚くようなことが起こるかもしれません。

******

確かに、大抵のことに対しては、自分はすでに答えを知っているのかもしれないと思う。

ただ、失敗するかもしれない、傷つくかもしれない、あるいはどうなるかわからない不安から、その答えを見ないようにしているのだ。

その不安がなかったら、どうだろう。

もし絶対失敗しない、傷つかないとわかっていたら、どう行動するだろう。

私がすでに知っていること。

それをゆがめずに見る勇気が、honestyでありsincerityなのかもしれない。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2015-01-24 12:35 | アジャシャンティ
今日聞いていたトークから。(主旨)

自分が理解したことと、実際の言動に矛盾があるとき、人は苦しむ。
もし自分が理解したもの、それを生きたいと思っているものが、この時間と空間の世界でうまく表現されていないと感じたら、まず立ち止まり、検証してみよう。
何が、障壁になっているのだろうか、自分の抱えているどんな思考が、自然な流れを阻害しているのだろうか、と。

*******

しばらくアジャシャンティから離れていて、また戻ってきて、あらためて感じること。
悟り、目覚めについて話している人はたくさんいる。
だけどアジャシャンティのように、それを実際に「生きる」ことについてこれほど明確に、実践的に、プラクティカルに道を示している教師はほかにいないのではないか? と思う。
彼の説明は、あいまいなところがまったくない。
そのことに気づくには長い時間がかかったけれど、一度根本のところ「アジャの言っている『真実』とは何か?」を理解し始めると、芋づる式に次から次へと、今までまったくわからなかったところが驚くほどに明らかになってくる。
とんでもない人だと思う。

あんまり「悟りたい」「霊性を高めたい」という感じではないので、興味を持つ持たないはその人によると思う。
至高の体験を大切にする人もいて、それも素晴らしいと思う。
個人の好みの問題だろう。

私はどちらかというと、日常を目覚めて生きることのほうに主眼を置いているので、
そういう人にとっては、彼の講話を聴き、「自由への道」を実践し、「あなたの世界の終わり」「大いなる恩寵に包まれて」「禅 空を生きる」などの著書を、できればこの順番に読みこむことほど、近道はないのではないかと思う。
そして「ただ真実が知りたい。何があろうと、真実だけが知りたい」と望む人は、誰でも必ず真実を手にする。例外はない、と、アジャは言う。

心強いです。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2015-01-20 00:56 | アジャシャンティ
質問者: 
ええ、頭ではわかっています。受け入れなきゃならないってことは……

アジャ: 
いや、いや、いや。受け入れる必要なんか,全然ありませんよ。どうも、受容ってものは、過大評価される傾向がありますね(笑)
必要なのは受容ではなく、真実です
人々はみな、真実をはっきり見る前に、一段ぬかしで受容に飛びつこうとしますけど、真実を知れ       ば、それがあなたに受容をもたらすのです。
      
[PR]
by suna-tuki-mori | 2015-01-09 07:34 | アジャシャンティ
アジャさんの新しいオンラインコースが2月から開講されます。

オンラインコースは今までに何回か開催されていて

☆週1回の1時間半ほどのトーク(電話を受け付けるので、アジャさんとライブで話せる)
☆1回終了するたびに、その内容に関しての宿題のような実践ビデオ
☆講座の内容に関するQ&A(メールを書き込むと、アジャさんがいくつか選んで、掲示板に返答を書き込んでくれる)

とにかく内容が濃くて、素晴らしいです。
今までは週1×4回で構成されてましたが、今回はなんと、一気に4か月、放送は隔週なので、8回にボリュームアップです。毎回、エクササイズビデオで課題が出されます。次の放送まで、一人で実践します。
ついていけるかわかりませんが、今回も参加してみようと思います。

このコースに関しては翻訳許可を得ていないので、翻訳はのせられませんが、私なりのサマリーをのせられたらいいなっと思っています^^

コースの内容は

The Way of Liberating Insight

Embodying Spiritual Truth, Love, and Wisdom in Daily Life

だそうです。
楽しみです!
[PR]
by suna-tuki-mori | 2015-01-02 10:17 | アジャシャンティ
自分の内側を見つめるときには
「誰が内側を見つめているのか」を見つめるようにしましょう
もしそこにある「何か」を見つけるために
内側を見つめるなら
あなたが発見するのは常にうつろいゆく、一時的なものに過ぎないからです
どんなに素晴らしいものをみつけたとしても
それは変わってゆきます
[PR]
by suna-tuki-mori | 2015-01-01 17:50 | アジャシャンティ