ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

真理を見せることなどできません。

僕はできれば、真理の方向を指し示すことくらいはしたいと願っています。

けれども、僕の教えも含めて、あらゆる教えは、非二元であろうとなかろうと、地図のようなものです。

どんなにくわしいカリフォルニアの地図を見ることも、実際にカリフォルニアに行くこととはまったく別のことです。

もちろん、ほかの場所の地図よりはずっと役に立ちますけれどね。

できればよい地図を見ることは大切です。

けれどもいつか目的地についたとき、あなたはもはや、地図など必要としないでしょう。

~アジャシャンティ





[PR]
by suna-tuki-mori | 2014-03-26 09:54 | アジャシャンティ
私たちは、消費することに慣れきっています。

目覚めすらも、つかみ、集め、そして、それをどうやって維持しようかと考えます。

スピリチュアリティは、消費するものではありません。

それは、そこから生きるもの、そこからあふれてくるもの、そこから与えるものなのです。

~アジャシャンティ

[PR]
by suna-tuki-mori | 2014-03-25 08:03 | アジャシャンティ

一見何をやってもうまくいかず

混乱して

迷路に入り込んでいるように感じられる時

それは止まるのに完璧のときです

ただ止まって

自分をみつけようとするのをやめ

愛があなたを見つけるままにしましょう

それにあなたを見つけさせるのです


~アジャシャンティ


[PR]
by suna-tuki-mori | 2014-03-24 23:07 | アジャシャンティ
質問者:あなたの日常はどんなですか?

エックハルト:

何も面白くないですよ(笑)とても普通ですよ。
ただリトリートなどであちこち旅行しますけど、それ以外はものすごくふつうです。

僕はただ在ることが好きです。後は自然のなかを歩くこと。
やらなければならないことは一杯ありますけどね。
僕は締切を守れないので有名なんです(笑)
「これこれをいついつまでにしてください」と言われると、「う~ん、そうですね、できるかどうか、様子をみるとしましょう」と答えることにしています(笑)

夜更かしが好きなんです。だいたい夜中の1時半から2時くらいまで起きてますね。睡眠は5時間ぐらいでしょうか。
先ほども言いましたが散歩をしたり、ときどき読書もします。
それからカフェに行ってコーヒーを飲むのが好きです。
電話は鳴るし、いろいろ用事がありますが静かにすませます。できないときは、姿を消すこともあります(笑)

質問者:人のおおぜいいるところに出かけたりしますか?

エックハルト:

外に出る時には野球帽をかぶっていきますよ。
外出すると、ほぼ確実に人が話しかけてきますからね。
そして、あなたのおかげで人生が変わりました、ありがとう、などと言ってくれるんです。
それがいやなわけではないんですよ。素敵なことです。
だけど僕の本来の性質は、透明でいたいし、あまり人に見られたくないんですよ。
こんなふうにステージに上がって人前で話すなんてことは、僕にとってはチャレンジなんです。

だけどそれが起こったときには僕は受け入れます。
それが、宇宙が僕を通して働くやり方ですから。
この世界では極性というものがあって、片方で何かを得れば、もう片方で何かを失います。
それがバランスですね。

1980年代から90年代の初め、少数でワークショップをやっていたころには、ふたを開けたら誰もこないなんてこともありましたよ。あとは15人のワークショップに1人とかね。
そのときには、僕はひとりでずっとすわってました。でも素晴らしいプライバシーがありました(笑)
だけど、それじゃあ教えは誰にも届かないですからね。

プライバシーは大切にしたいですが、僕はアシュラムを作ってこもったりはしません。
ふつうの生活が好きなんです。スーパーに行ったりするのが。

僕の日常は残念ながら、あんまりおもしろくもきらびやかでもないんですよ。
ああ、ただたまに、オプラ(オプラ・ウィンフリー、アメリカの有名な女性パーソナリティ。エックハルトとニュー・アースのウェブセミナーを主催した)の豪邸に行くときはきらびやかですね。
車で門の前につくと、ゲートがさっと開いてね。うわぁ、という感じです(笑。ハンドルを握りながらきょろきょろする動作をしてみせる)。



[PR]
by suna-tuki-mori | 2014-03-19 09:31 | ETTV

真実を知って、そこからどう生きたらいいのか。


多くの人は、こう問います。


「わかりました。でも実際、どのように人と関わったらよいのでしょう?


 この真実を、日常でどう生かせばいいのでしょう?」


質問するのはかまいません。問題なのは、答えが存在すると思っていることです。


答えなんかありませんよ。


「ええ、でも……」というのは単純に、意気地がないだけです。


ただ、その理解を生きることを始めてください。


自転車に乗れるようになるには、まずハンドルを持って、自転車を道に押し出すことです。


そうすれば、答えは自らを生き始めます。


赤ちゃんが自分の足で立ち上がって、よちよちと歩き出すとき、なんて言いますか?


「そう、そう、よし、がんばれ!」ぐらいしか言えないでしょう。


四の五の言い訳をして、ぐずぐずしているのは、大人だけなんです。


~アジャシャンティ Awaken to the Infinite PartI より





[PR]
by suna-tuki-mori | 2014-03-15 07:39 | アジャシャンティ