ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

エックハルトTVのトピックより

もし私達が超越し、無条件に愛し合うとしたら、いったいどうやって自分のパートナーを選べるというのでしょう?

もし、肉体的な魅力にひかれるのだとしたら、それは高次の意識と矛盾するのではないでしょうか?

という質問です。

エックハルトの答えです。

そうですね。

私たちがここで語っている愛は、体や、性格、パーソナリティなどを超えた深い部分にある本質で認識する愛です。

私達は、その深い次元、側面に在るとき、他者のなかにも同じもの「本質」を見ることができます。

愛というのは、基本的には、他者のなかに自分自身を認識することです。

しかし私達はみな、この世界ではその本質に加えて形のアイデンティティーを持っています。

つまりここには、二つのレベルがあるのです。

形でないあなたは無条件に愛しますが、あなたの形の部分は、他者の形の部分に魅かれます。

あなたの肉体は、他者の肉体的な魅力にひかれるでしょう。

心的感情的レベルでは、他者のそのレベルに反応するでしょう。

なぜならそこには共鳴が起こるからです。

こうして2つの異なるレベルが作用します。

男女の関係においては、この二つのバランスが大事です。

本質のレベルを知っていることはとても助けになります。

肉体的、心的感情的レベルだけでは、少しのあいだうまくいっても、遠からずお互いのなかに「制限」を見るようになります。

決して満足するということがないのです。

しかし本質のレベルを知っていれば、決して破壊的になることはないでしょう。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2012-12-05 22:14 | ETTV