ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

質問はこうです。
「セックスとはなんですか。もし、世界が見かけ上分離しているにも関わらず一つであるとするならば、私たちは誰と愛し合っているのでしょう」
エックハルトの答えです。
「あなた自身ですよ」
このあらわれの世界では、すべてのものが分離しているように見えます。
人間の体もです。そこで、お互いにひかれあうということが起こります。
ふたたび一つに戻りたいという願いです。
性的な衝動の背景には、その願いがあるのかもしれませんね。
ワンネスの状態にあこがれ、そこに引き戻されるのです。
二つの体が結びつく。でもそれはほんの短い時間です。
ひとつになり、また離れる。もしかしたらそこでもう一つの命が生まれるかもしれません。
さらなる「かたち」の誕生ですね。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-09-30 13:00 | ETTV
日常生活で、また他人との交流において「在る」に在ることで、あなたは人々に「在る」を示すことができる。
だからそれ自体が人生の目的の一部なのだ。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-09-23 08:18 | reminder
第26節~30節
(イエスは)またいわれた、「神の国は、ある人が地に種をまくようなものである。夜昼、寝起きしている間に、種は芽を出して育っていくが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。地はおのずから実を結ばせるもので、はじめに芽、つぎに穂、つぎに穂の中に豊な実ができる。実がいると、すぐにかまを入れる。刈り入れ時がきたからである」

第33節~
イエスはこのような多くの譬(たとえ)で、人々の聞く力にしたがって、御言(みことば)を語られた。譬によらないでは語られなかったが、自分の弟子たちには、ひそかにすべてのことを解き明かされた。


人々の聞く力が成熟するのに、2000年かかったということでしょうか?
弟子たちだけに語られた真実が、ようやく私たちにも解き明かされる日が到来したようですね。
トールはQ&Aで、次に本を書くなら、新約聖書の本当の意味するところを書きたいというようなコメントをしていました。楽しみです♡
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-09-18 08:49 | 聖書
その力はあなたの中にある。その答えはあなたの中にある。あなたこそが、あなたのすべての探求の答えなのだ。あなたがゴールだ。あなたが答えそのものだ。それは決して外側にはない。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-09-15 23:24 | reminder
すべてはあなたの中にあります。
そうでなければ、どうしてある本や教えがあなたに影響力を持つのでしょう。
それを認識することができる何かがあなたの中にあるのです。なぜなら世の中には、霊的真理に関する本や教えに何の意味も見出さない人々も大勢いるのですから。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-09-11 10:03 | reminder
霊的な真理に関する永遠の哲学(the perennial philosophy)の流れは、古代から現在に至るまで脈々とつづいている。同じ真理が異なる言葉で、多様な形でやってくる。
目覚めの真理、すなわち,偉大なる英知と調和して生きるという真理、今この瞬間にゆだねて生きるという真理、現実にストーリーを押し付けることをやめ、正気に返るという真理が。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-09-03 01:00 | reminder