「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティとエックハルト・トール

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti とETTVの和訳を中心に~

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

きのう、更新をしばらく休むという記事をアップしたとたんに、すごく翻訳がしたくなりました(笑)。
で、これです。

5歳の娘に死をどう説明するか。という質問がある母親から出ました。身近に死を体験したわけではなく、死というものについておぼろげに理解をし始め、両親が死んでしまうことを恐れている子供です。
エックハルトの答えです。

まず、自然界における『死』を見せるようにしましょう。秋になると、木々から葉が落ちますね。そして木は枯れ、まるで死んでしまったように見えますが、死んではいません。
(ところで、枯葉や落ち葉はとても美しいですね。ある意味でその色は、生きている葉よりも美しいとも言えます。これは人間にもあてはまります。それはともかく)。
 また森の中に入っていくと、その一部は死んでいて、そこからまた新しい命が起こってくるのがわかります。 一見枯れているように見える木の幹から新しい枝が生えているのを目にすることもあります。
そのようにして、表面的に見えている部分の下に目には見えないメタモルフォーゼが起こっていることが理解されます。死は生命の終わりではなく、単なるひとつの形の終わりであるということが。

枯れ葉と生きている葉の両方を見せて、「この違いがわかる?」と尋ねることもできます。
形のないものが、葉っぱに生命を与えている。その同じものが、あなたの中にもあるのだと。そして子供に問うことさえできるでしょう。「自分の体のなかに、生命を感じることができる?」と。
まだたくさんの概念を背負わされていない子供は、実際に自分のなかに宿る生命を感じ取れることに、あなたは驚かされるでしょう。もちろん体はいつか滅びますが、体を越えるものがあるということを子供に感覚で教えることができます。
 
子供には、概念を通してではなく、感覚を通して、つまり見ること、感じること、体験することを通して教えることがたいせつだと、エックハルトは言います。
生について教えることと、死について教えることは、同じことです。
「魂は生まれ変わるんだよ」というような信念を植えつけて条件付けをするのではなく、体験の領域(experiential realm)にとどまるようにして、子供たちが彼ら自身で結論をだせるようにしてあげましょう。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-07-26 23:13 | ETTV
マリアン・ウィリアムソンとの対談は中身が濃いものでした。
ふだん見られないようなエックハルトのインタビュアーとしての一面が見られたのもよかったです。
内容はおいおい紹介していくとして、最後の20分でめずらしくエックハルトが政治の話をしていました。

エックハルト自身もよくされる質問らしいのですが、「最近のオバマ大統領をどう思いますか?」というものでした。マリアンはかなり大統領選のときにはかなり情熱的にオバマを応援したようです。(オプラ・ウィンフリーもそうでしたね)

しかしマリアンは今のオバマさんには「失望している」ようです。
エックハルトも政治の世界はとてもrigidだと言っています。
経済界も同じです。

ほかの分野でこんなにも意識の変革が起こっているのに政治と経済の世界だけが取り残されていると感じているようです。
エックハルトはあまりにもrigidな体制は、ソビエトのように内側から崩壊するしかないと考えているようです。
マリアンはその崩壊の仕方がカギだといいます。
それが悲惨なものになるか、それとも可能な限りスムーズに移行していくことになるかは
目覚めを経験している私たち一人ひとりにかかっているというのです。

お産婆さんはエックハルトでもマリアンでもありませんでした。
これから世界がどうなっていくかは、今目覚めの過程にある人たちすべてが、自分のパートをどう果たすか=どう在るかによる、というのがこのタイトルの示す意味だったようです。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-07-11 23:38 | ETTV
きのうから今月のトピックスを聞き始めました。
1時間19分もあり、中身が濃くて聞き流せないので、全部聞くのに時間がかかりそうです。
中身に関係ありませんが、ゲストのマリアン・ウィリアムソンが早口で、アメリカ人のインテリ・出来る女性系のしゃべり方なので、とてもついていけません・・・・・・
エックハルトの英語がいかにわかりやすく聞きやすいか、改めて痛感しました。

「奇跡のコースによると」「奇跡のコースでは」「奇跡のコース的にいうと」のような言い回しを多発するのも彼女の話し方の特徴かもしれません。まさにコースを生きている人だなという感じがしました。

面白かったのはエックハルトが、「どっちかというとうちにこもるタイプの僕に比べて、activist のあなたとしてはどうですか?」というような言い方をしていたこと。

今回のテーマは”Midwifing the New Consciousness”
Midwife は「お産婆さん、助産師」という意味らしいので、新しい意識が生まれる手伝いをする、というような意味合いなのでしょう。
もちろんエックハルトもお産婆さんに含まれるわけですが、エネルギーに満ち溢れ行動的な今回のゲストのイメージにぴったりですね。

マリアンはお母さんでもあるということで、子供に関するQ&Aの話も楽しみです。
しかしリスニングスキルが・・・・・・・あぁ(泣)
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-07-09 08:14
前回の記事で言及した”Child of Mine"の動画を見つけたので紹介しておきます。
子育てに迷ったとき、何となくマントラのように聴いてきました。



本当は英文の歌詞を掲載したいのですがちょっとためらわれるので、ご参考までに、拙訳をのせておきます。
ただし詩としての情感などはばっさり無視したさっくりした意訳なのでどうかご了承ください。

あなたの見ている世界は
私とは違うけれど
あなたが出会っている素晴らしい世界の一端に
ときどき触れることができる

あながた描いた絵のなかの
なんて新鮮なたくさんの色たち
いとしい子よ
あなたが私の子でとてもうれしい

あなたに道案内は必要ない
あなたは行くべき方向を知っているから
引き戻すつもりはない
ただ見守っていたいだけ

私に教えてくれたのはあなただった
振り返る必要はないと
いとしい子よ
あなたが私の子でとてもうれしい

誰もあなたの夢をつぶしたりしない
生き方を強制したりもしない
あなたの行程をしばらくの間困難にする人々は
きっといつもいるけれど
彼らは考えを変えるでしょう
あなたが微笑むのを目にしたら

あなたが生れ落ちた時代は
必ずしもベストとはいえないかもしれないけど
あなたはこれから来る時代を
今までよりよいものにできる

あなたはいつも正直だと知っている
たとえいつも優しくはいられなくても
私のいとしい子よ
あなたが私の子でよかった
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-07-04 08:28 | 子育て
7月のETTVのトピックスが配信されました。
今月のトークは「奇跡のコース」に関する著書で有名なマリアン・ウィリアムソン女史との対談のようです。
Q&Aにも一緒に答えてくれるようで楽しみです。
まだ目次をのぞいただけですが、「スピリチュアルなことについて子供にどう話したらよいか」「死について子供にどう話すべきか」という質問がありました。
副タイトルに「子育て」とか銘打っている割に子供が大きくなってしまったため子育て関連のことを書いていないという反省もこめて、できればこの二つ(か、どちらか)の内容を報告したいと思います。

我が家の10代後半の娘は、小さいころからシュタイナーだ、ホメオパシーだ、と育てたわりには、完全に「スピリチュアル」をバカにしています。
私が借りてきたり買ったりする本を目にしたり、「ワークショップにいってくるんだ」といそいそ出かけたりすると、「出た、スピリチュアル~」と失笑してくれます。

ただ、不器用でも真実を生きている大人を、彼女は信用します。理不尽な怒りをぶつけられても、その弱さをありのままに受け止めています。
逆にどんなにきれいなことを言っていても、信用のならない大人は鋭い嗅覚でかぎわけて反発します。
まわりの友達にもそんな感じの子が多いようです。
もしかしたらこれは育て方とかに関係ない、世代的なものなのかも知れません。

”When you see the truth, you know it”

エックハルトが言ったことばですが、これはどうも英語のことわざであるようです。

「真実を見れば、それとわかる」

何か本を読んだとき、誰かと話しているとき、映画を見ているとき、「はっ」と心をつかまれることがあります。
体験したことのなかに確かに「真実」がある、と感じられたとき、心が揺さぶられます。
ときにはただ、涙が止まらなくなったりします。
「真実」を見分けることができるのは、あなたの中にその「真実」がすでにあるからなのです。

ずっと前に買ったCDで、大好きな曲にキャロル・キングの”Child of Mine"という歌があります。
歌詞が素晴らしくて、全部紹介したいくらいなのですが、その一節にこういうのがあります。

”The times you were born in                 あなたが生まれた時代は
 May not have been the best               ベストとはいえないかもしれないけど
 But you can make the times to come         あなたはこれからくる時代を
 Better than the rest                      よりよくすることができる

 I know you will be honest                  たとえいつも優しくはいられなくても
 If you can't always be kind                 あなたはいつも誠実だろうと知っている
 Oh, yes sweet darlin'                      いとしい子
 So glad you are a child of Mine”            あなたが私の子であることをとてもうれしく思う


これは”for our Children”というチャリティーアルバムに入っている歌なので、自分の子供に対してというよりは、子供たち全体に呼びかける歌なのだと思います。


スピリチュアルなんて何も知らなくても、興味がなくてもかまわない。
いつも優しくはいられなくても、自分のなかの「真実」に正直であってほしい。
そんな風に思っています。
ま、これも親のエゴなんですけどね(笑)
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-07-02 08:26 | 子育て