ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

カテゴリ:日々のつれづれ( 11 )

4月26日(日)、八王子のクリエイトホールで行われた、西東京アクターズスクールの第Ⅵ期修了公演を見に行ってきました。
主催のAIR-空ーパフォーミングアーツ研究会に、舞手&パフォーミングアーティストをしている友人の八七美(はなび)さんが所属しているご縁で、鑑賞させていただくようになってから、今年でまだ三回目ですが、毎年、とても楽しみにさせていただいています。

西東京アクターズスクールの生徒さんには、いわゆる障がい者とよばれる人のなかから、舞台表現に興味のある人たちがたくさん参加しています。
この舞台の魅力は、そんな彼らが、スタッフ、ボランティア、他の参加者と渾然一体となって作り上げるパフォーマンスが、観客の魂を魅了する、生きた芸術作品であるということです。
一度ステージに立ってしまえば、誰がスタッフで誰がスクール生かなど、誰にも見分けがつきません。
音楽、構成、脚本、振り付け、どれをとっても素晴らしく、妥協を許さないプロフェッショナルな舞台です。

今回のステージは4部に分かれていて、それぞれディレクターが工夫をこらし、個性的な世界を繰り広げます。
どれもユニークで、シュールで切なくて、特に最後の第四部、「地上の光」のパフォーマンスには、天上的なものを感じ、心を深く揺さぶられました。

治療教育者の川手鷹彦氏によれば、障がいを持つ人たち、子どもたちの苦しみは、全身の細胞の一つ一つに枷がかけられているような想像を絶する苦しみなのだそうです。
そして彼らは、ほかのすべての人びとのためにその十字架を引き受けてくれているのだそうです。

でも、エックハルト・トールは「ニュー・アース」のなかで「苦しみの火は意識の明かりとなる」と言っています。
今回あえて、身体的不自由さを選び取って生まれてきた、勇気ある魂たちの肉体の衣は、苦しみによって花のように、鳥のように透明になり、そこから意識の光がまばゆく輝きだしていたような気がします。

素敵な時間を、ありがとう。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2009-04-28 17:12 | 日々のつれづれ