ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

2016年 03月 14日 ( 1 )

今回のThe Art of Meditation のコースは、第1週目から3週目までは、セッションのあとに、誘導瞑想と、日常生活で実践するエクササイズが配信されます。
誘導瞑想は毎回テーマが変わり、より深くなっていきます。

アジャさんの瞑想はものすごくシンプルです。

快適ないす、または床にすわり、できれば背中をまっすぐにした状態で、てのひらを上にして、左手の親指以外の4本の指を、右手の4本の指の上に重ね、それから右の親指に左の親指を軽くのせる感じで組み、ひざにおきます。
こうした姿勢は、究極的にはオープンな状態を作るためにあるそうです。
姿勢は意識の状態に大きな影響があるからです。

そして自分のリズムで自然な呼吸をしながら、頭のあたりにある意識を首、肩、胸、下腹、おへその下へと下ろしていきます。
おへその下まできたら、そっと呼吸に意識を向けます。

重要なことは、何かを起こそうとか、特別な体験を促そうとしないこと。

おかしなたとえですが、風邪をひきたいなと思ったら、風邪を引いた人のそばにいったり、風邪をひきそうな行動をするでしょう? それで確実に風邪を引くかどうかはわからなくとも。
そのように、適切なやり方ですわって、自然な呼吸をすることは、土壌を作ることです。
可能性を拓くということです。

あとはただ、呼吸に意識を向けている。
そして注意がそれて、迷い始めたと気づいたら、またそっと呼吸に注意を戻す。
(そのとき、自分を責める気持ちがなければないほどよい。コントロールしようとか押さえつけようとすると遠ざかる。頑張らない)
ただシンプルに、気づいたらそっと戻る、を繰り返す。

自分自身の、自然な呼吸のリズムに従う。
体のリズムについていく。寄り添う。
すると体はリラックスし、神経系が穏やかになっていきます。

うちがわの静かな場所に、耳をすませる。
うちがわの静寂に聴き入る。

するとその静寂は育っていく。
だんだん広がっていく。

これをできれば毎日20分は続けるとよいでしょう。
そして目を開けてもしばらく、その静寂が持続している感覚を味わいましょう。




[PR]
by suna-tuki-mori | 2016-03-14 10:18 | アジャシャンティ