ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

2016年 03月 12日 ( 1 )

この訳語が適切かどうかはわからないのですが。

The Art of Meditation の4回目の続きです。

アジャシャンティは”Efforless effort" という語を好んで使います。

セッションの最後のほうでも、瞑想は最終的にこのエフォートレスエフォート(結局カタカナやん)に集約されるというようなことを言っています。

第1回めの、瞑想の型の習得のところでは「思考に降参する」ことを最初にやりました。

つまり抑えつけない、コントロールしない、しようともしない、ということなのですが、だからといってただ思考に身を任せるということでもないのです。

ただ考え事して時間が終わってしまっては元も子もない。

それゆえ、思考に向けていた注意を呼吸に向ける、という努力をします。

でもそれは最小限の努力、努力ともいえない努力なのです。頑張るとうまくいかないのです。

この加減が、キモなのかなと、私は思いました。

これは今までの(思考に向かっていた)注意を、意識を別のところに向けるという、いわば「長年の習慣を変える」努力です。

だからすぐうまくいくわけはないのです。

何度も何度も、失敗してはまた戻る、忘れてはまた戻るという繰り返しなのです。

でも頑張らない、ゆるく、軽やかに、だけど、辛抱強く。

だけど確実に結果は出ます。


セッションの後半でアジャさんと、参加者が直接電話で話すのが聞けます。

最近、そのやりとりを聞いていると、参加者の方たちが明らかにすごく、クリアになってきてるという感じがします。

私などがいえる立場ではないのですが、なんとなくわかります。

そのあたりも、私がアジャさんのやり方にとても引かれる理由です。







[PR]
by suna-tuki-mori | 2016-03-12 14:02 | アジャシャンティ