ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

2016年 03月 05日 ( 1 )

アジャさんを好きな人は、日本にもたくさんいるのだろうけど、あんまり表現をしていないような気がする。
表現することに興味がない人が多いのかもしれない。
わかるような気もする。
アジャさんの伝えていることを理解し始めると、表現する必要もなくなってしまうのかもしれない。
あまりにも満ち足りているから。

最近、あることで、凹み倒していたこともあり、とても孤独を感じていた。
アジャさんの話をしたいというわけじゃないけど、どこかに、自分と同じような感覚を持つ人がいるのを感じたいのかもしれない。

アジャさんの言葉を聞いていると、ただあまりに真実なので、共鳴して泣きそうになる。

内容じゃない。
感動的なことを言ってるわけじゃない。
ただ真実についてとてもプラクティカルに、as-a-matter-of-factlyに話しているだけだ。

でも彼の言葉を聞いていると、ジンジンと共鳴する。
美しさに泣きそうになる。

何かを求めるとか
こうなりたいとか
そういうものが消えてしまう。
何もいらなくなってしまう。

この世界の本質のうつくしさ。
それを見てしまったら、もう何もいらないと。

この世界のうつくしさを、ただそのまま見ていたい。
真実をそのままに。

それが、願いなのかもしれない。
祈りなのかもしれない。

だけど、彼のコースを聞いていると、そんな瞬間が自然に訪れる。
ただ静かであることが、幸せだ。
世界をそのままにみられることが、幸せだ。

ほかには、何もいらない。


[PR]
by suna-tuki-mori | 2016-03-05 00:22 | 日々のつれづれ