ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

2015年 03月 02日 ( 1 )

またthe ONE of us について。
3枚目まで聞き終わりました。
1、2枚目はアジャさんと奥さんのムクティさんの対話篇でした。
3枚目はアジャさん一人のトークです。

ここまで聞いて、とにかく素晴らしいです。
人間関係に特化して、真実に基づいた関係を日常で応用していくことについて、具体的実際的な示唆に満ちています。
目覚め関係の本にありがちな(本ではないですが)抽象性はなくて、今日、いますぐから使える(なにかのキャッチフレーズみたいですが^^)ものばかりです。

もちろん、正統派の??人から見たら、こういうのどうよ??という意見はあるだろうなと思いますが、私は自分に役立てばそれでいいです……

2枚目では、アジャさんのオフィスであるオープンゲート・サンガで物事を決めるときの様子の例が出てきました。

3枚目の最後のほうで、パートナーのどちらかが成功して、自分は置き去りにされるのではないか、捨てられるのではないかという恐怖を感じた場合、という例が出てきました。
この通りではないですが、私も似たような恐怖を抱いたことがありますので、すごくよくわかりました。
カギになるのは「選ぶ」ということです。
たびたび言及される「内側のリソース」資源とでも訳すのでしょうか。そこが安定してくると「選ぶ」ことができるようになる、というのです。それまではただただ起こる反応に振り回されていたのが、止まって「選べるようになる」のだそうです。
これ、もうオンライン講座のエクササイズを始めてから、私もときどき~ですが、できるようになりました。
まだ5回に1回くらいですけど~~

理解するためにはたぶんアジャシャンティさんの「真実」とか「リアリティ」とかの使い方をわかってるほうがいいとは思うのですが、こういう具体的な例を出して語ってくれる人は少ないので、助かります。

ぜひぜひ翻訳出してほしいなぁ。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2015-03-02 23:42 | アジャシャンティ