ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

2009年 04月 01日 ( 1 )

WHEREVER YOU GO, THERE YOU ARE
Mindfulness Meditation in Everyday Life
BY JON KABAT-ZINNより

You Have to Be Strong Enough to Be Weak
弱くあるためには十分に強くなければならない(1)

 もしあなたが強い意志を持って、何かを成し遂げた人であるなら、あなたは往々にして不適格であるとか、不安であるとか、傷つくとかいったこととは無縁であるような印象を人に与えているかもしれません。しかしそれはとても孤立した状態で、最終的に自分にも他人にも大きな痛みを引き起こします。ほかの人々は喜んでこの印象を受け入れ、みんなしてあなたに「ジブラルタルの岩」(頼もしい人、頼りになるもの)というペルソナ(仮面)を投影するでしょう。でもその仮面は、あなたを、自分のリアルな感情を持つことから遠ざけてしまいます。
実際、そうした保護膜のもつイメージやオーラに酔っているうちに、その後ろにかくれた自分自身の真の感情は、簡単にわからなくなってしまうのです。こうした孤立状態は、核家族の父親たちや、比較的地位のある人々には非常によく起こります。
 瞑想の実践を通して自分を強くしようと思うことは、同様のジレンマを引き起こします。あなたは、完璧に傷のない、正しい瞑想者という役割を信じ、それを実演し始めます。つまり、すべてを自分のコントロールの下に置き、反応としての感情に巻き込まれることなくすべてのことに対処できるほどに賢明な人、という役割を。こうした過程において、あなたは自分自身でも気がつかないうちに、自分の成長を阻止するることになるのです。私たちは誰でも、感情をもっています。そこから自分を隔離してしまうことは、自分自身を危険にさらすことになるのです。(つづく)





 
[PR]
by suna-tuki-mori | 2009-04-01 22:11