ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

ポストリトリート・エクスペリエンス

リトリートの報告はちょっとお休みしまして。
リトリートの最後に、また帰ってからメールでもアジャさんからアドバイスがあった、ポストリトリート・エクスペリエンス。
つまりリトリート後にいろいろな体験がある(またはなにもない)ことについて。それはリアリティが各人のなかで展開していくとてもユニークな道筋なので、あまりこだわらないこと……
人によってはリトリート中に起こることもあり(何人かサットサンの途中で気絶した人がいました……)終わってからだいぶたってから自覚することもあり、リトリート後数日、数週間、数か月続く人もいる、ということでした。

私に関しては、何ごともそうであるように、はではでしいことは何もなく。
はっきりした自覚、特別な体験もなく……
(一度瞑想の時間に大きな気づきはありましたが)
でもリトリートに行ったことで大きく変わった「意識」、スピリチュアルな意味での意識というようりは、真実との関わりにおける「意識の変化」はものすごく大きかったです。

そして「確信」自分の歩いている道への確信も深まりました。
なぜアジャシャンティに惹かれたかも。
そして今回どうしても彼の「臨在」に触れる必然性があったのだということも。

私のポストリトリート・エクスペリエンスは、まだまだ始まったばかりです。
でも明確な部分は「日常へのコミットメント」がとてもはっきりしてきたということ。
今まで無自覚に逃げていたたくさんのことに向き合い始めたこと。
逃げていた、避けていたあいだは逃げていることにすら、気づかないんですね。
本能的によけてしまってるので。
でもそれを認識して、アジャさんに教わったように逃げずにいると、自然に受容が起こって(無理でなく)逃げなくてもすむようになるんです。
するとどういうわけか、対処できるようになってくるんですね……
これからどうなっていくかは、わかりませんが。

アジャがいうように、「このリトリートは終わりますが、あなた自身のリトリートがここから始まるのです」
[PR]
by suna-tuki-mori | 2015-11-02 11:37 | アジャシャンティ