ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

話をしているときに「在る」状態にいることは可能ですか(1)

静かにすわっている時や、比較的恵まれた環境にいる時に「在る」にいられる人はだんだん増えてきています。
けれども、マインドが関わってくるような状態で「在る」にとどまれる人は、増えてはいますがまだ多くはありません。それはartですね。
答えはイエスです。
そう、できますよ。たとえ人と会話をしているとき、考えているときでも、「在る」にとどまることはできます。

どうすればよいのでしょうか。
口で言うのはなかなかむずかしいです。
まず話し出す前、聞いている状態のときにすでにpresentでいましょう。そうすることによって、あなたが話す番になったときでも「在る」を保ち続けることができます。

またはインナーボディを感じましょう。
話しているあいだ、全部の神経を言葉に集中するのではなく、常にインナーボディを意識しましょう。そうすることによって、思考のプロセスにすっかりのみこまれてしまうことを防げます。

もっとチャレンジングな状況、ディスカッションや言い合いの場ではどうでしょう。
いつでも難しい人物(≒unconsciousな人物)に出会ったら、その人を自分のスピリチュアル・ティーチャーだと思うようにしましょう。
その人によってあなたは「在る」にとどまることを学ぶのです。
(つづく)
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-11-14 23:25 | ETTV