ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

ゾーンに入る

今朝、ニュース番組で指揮者の佐渡裕さんという方が、ベルリンフィルを指揮した体験を語っていらっしゃいました。3日間振られたらしいのですが、その3日目が特に素晴らしかったようです。ご自身でも「3日目は、よくスポーツで『ゾーンに入る』といいますが、まさにそんな感じでした。指揮している自分の存在が消えて、誰が指揮しているのかわからない状態でした。そして目の前ですごいオーケストラが演奏しているんだけれども、演奏者の存在も消えているような感覚でした」
まさに個人が落ちたというか、違う次元が開いたという感じですね。
その場で演奏を聴かれた方は幸せですね。
と、いうより聴衆も一緒に消えていたんでしょうね・・・・・・
「誰も(指揮者も演奏者も聴衆も)いない」渾然一体という感じでしょうか。

私が放置しているCreativity(2010年10月の記事です・・・・・・)という記事があるのですが、そこでvehicle(媒体)という話が出てきました。
エックハルトが、自分の中の深い次元にアクセスしたとき、その源からやってくる力は、その人にvehicleがあればその形を使うという話をしていました。
「私はそこにアクセスできるけれども、ピアノのひき方を知らないからピアニストにはなれないし、テニス選手にもなれないんです」
とエックハルトはいいます。
そしてある研究によれば、(これはエックハルトとは関係ない、表層的な研究だそうですが)何かをマスターするのには10,000時間の修業が必要らしいという話を持ち出します。もし誰かが何かをマスターしたいと願って、10,000時間の修練を積んだなら(もちろん積んだだけじゃなくて、ちゃんと「在る」状態でいられるなら)一流になるだろう、という話でした。その研究によればビートルズはデビュー前、リバプールやハンブルグの安酒場で、ただみたいなギャラで演奏させられていたそうですが、そこで10,000時間の修業を積んだので、ブレークスルーがやってきたそうです。

もっとも10,000時間といえば一日4時間費やしたとしても、毎日休みなく続けても6年、一日2時間だと12年ですからね・・・・・・
続いたらその時点でもうたいしたものだという気はします・・・・・・

ただ自分には何もないわ、と悲観する必要はありません。
「vehicleがなければ、力はほかの形をとって、あなたの存在そのものから放射されます。
私は橋の上で、通行する車から料金をとるトールブースの人にpresenceを感じました。彼は『2ドルです。ありがとう、よい一日をね』と言うだけですが、その言葉はそこを通る人の一日を変えるのです」
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-06-30 21:28