ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

世界最速のインディアン

仕事の締め切りが終わり、一段落したところでやっと「世界最速のインディアン」を見ました。
エックハルトはアメリカ映画特集の中で、二つほど「エゴのない人物」が登場する映画を紹介しました。そのうちひとつがこれです。
主人公はアンソニー・ホプキンズ演じるバート・マンローという男性なんですが、この人、実在の人物なんですね。
時代背景は1960年代ニュージーランド。バートは(奥さんに出て行かれた)一人暮らしの男性(63歳)なのですが、オートパイが大好き。私はオートバイについてはまったくわかりませんが、今のとは違って(今もあるのか?)流線形の車体があり、そこにすっぽり体を入れて中に乗り込むタイプ。バートは1920年型のモデルを自分で改良した「インディアン・スカウト号」で、ライダーの聖地(らしい)アメリカはユタ州のボンヌヴィル塩平原でのレースをめざします。
お金も足りず、心臓と前立腺に持病を持ちながら、ニュージーランドから船でアメリカへ、アメリカ国内は中古車を買ってバイクを牽引しながら、さまざまな人に出会いさまざまな困難を乗り越えついにボンヌヴィルに到着する。そして・・・・・・
というあらすじなのですが、「エゴのない」バート・マンロー、実は結構な困ったちゃんなんですね。
自分の家の芝を刈らないのでご近所から文句がくると、庭に火を放って燃やしちゃおうとするし、ボンヌヴィルに到着したものの、出場するための登録をしていなかった(必要だと知らなかった)ため出場できないといわれ「ニュージーランドからわざわざ来たんだから出場させろ」と駄々をこねたり・・・・・・
でも人々は結局彼の魅力に負け、彼の情熱に巻き込まれていきます。
ホテルのフロントのニューハーフしかり、中古車のセールスマンしかり、ボンヌヴィルのレースのオフィシャルしかり。それはバートが出会う人も、立ちはだかる困難もただありのままに受け入れ、くさらずあきらめず、そのとき自分にできることをやっていくから。

この映画を見て「エゴのない人」はこういう人、という定義づけなんて、無意味だなあと思いました。エックハルトの紹介してた映画、見たらまた順次紹介しようと思います。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-06-15 15:36 | エックハルト・トール