「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティとエックハルト・トール

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti とETTVの和訳を中心に~

創造的宇宙について(終)

私にはこれらのことのうち何一つ、自分が「やっている」という感覚はありませんでした。
私はただそれと共にいました。私は個人として話していたのでしょうか? いいえ。Consciousnessが話していました。このマインドを使って、この瞬間にとって一番助けになることを表現するために。私はただその役目を果たしていました。あなたたちも役目を果たしているのです。分離した存在としてなにかを「しなければ」ならないという考えを捨てましょう。この世界で表現されたいと願っているものに対してオープンになりましょう。そうすればあなたを通して「目覚めた行動」が自然に起こってきます。

それとつながっていることはわくわくするような冒険です。この時代には、表現されたいと願っていることが山ほどあります。その意志は、人を選ばずやってきます。「あなたが特別だから、あなたを選びます」などとは言いません。誰かがそれに対して透明になったとき、それはやってくるのです。「あなたは誰ですか? 資格は持っていますか」などとは尋ねられません。また「どんな経歴の持ち主ですか? あなたはそれに値する人物ですか?」とも言いません。それは時間のない存在です。あなたの過去や、徳の高さなどにはまったく興味を持ちません。開いている場所があれば、光はそこを通して輝きだすのです。

(この項終わり)
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-05-15 08:49 | エックハルト・トール