ブログトップ

Intimacy with yourself   アジャシャンティ的な何か。

mindfulday.exblog.jp

~Radio Adyashanti と オンラインコースの感想を中心に~

創造的宇宙について(2)

まず、他人との関わり方が変わります。そしてある日、“doing”を必要とする何か別のことが、行動を要求します。あなたはそれを自分がなすべきこととして知覚するかもしれません。ふいに、自分がしなければならないことが何かを悟るのです。それは内側から来るかもしれないし、外側――、つまりあなたの人生の状況としてやってくるかもしれません。そのとき「目覚めた行動」が起こり始めます。 それはやることすべてが目的を達成するための手段であるようなエゴの行動とは別のものです。その行動の内には深い喜びが存在します。達成することへの行き過ぎた欲望はありませんが、実際にはより多くを達成します。なぜならその行動の内にはあまりに大きな喜びがあるので、おのずと結果がともなうのです。欲望によって刺激されたのではない、全く違った種類の行動がおこります。普通は「私はこれを達成しなければならない」という思考が行動を起こさせるのですが。

Presenceがあなたを通して動き出すとき、それは欲望ではなく、喜びに基づいています。何かを欲しがったり必要としたりすることに基づいているのではありません――なぜならあなたは完全さ(fullness)から生まれてきているからです。その行動は、あなたを満足させることを目的とはしていないし、あなたに何かを付け加えるためのものでもありません。それはあなたがすでにその中に住んでいる、完全さから生まれてきているのです。だからその中にはいかなる欲求も存在しません。

障害は起こるべくして起こってきます。特にあなたがこの世界の条件づけに反するようなことをするときには、あなたは障害を発見するでしょう。しかし同時にあなたを助ける壮大な力をも発見するでしょう。
障害は、非協力的な人々や状況というかたちをとってやってくるかもしれませんが、あなたの行動には壮大な力が流れ込んで、さまざまなかたちであなたを助けてくれます。ちょうどいいタイミングで、ぴったりの人物や、ぴったりな出来事としてやってきます。実際に障害が起こってきたとき、それらは敵とはみなされません。エゴは自分の進む道にあるすべての障害物を敵とみなします。

障害はいったんありのままに受け入れられ、あなたはそれと戦うのではなく、それと協力します。または迂回していくか、そのエネルギーをもらってひっくり返します。障害は、あなたがなすべきことに組み入れられます。あなたはもう助けのない状況や非協力的な人々というかたちをとる敵には出会わなくなります。すべてはありのままに抱きしめられ、変容させられます。
それはあなたが起こすというよりは、あなたがそれにとっての媒体/手段(vehicle)になるのです。それはあなたを「通して」起こります。パワーは、それ自身が望んだときにやってくるのです。
[PR]
by suna-tuki-mori | 2011-03-30 22:23